彦根で花屋を探している方のための、梅雨の花の肥料について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、花の肥料についてわからない」

「梅雨の時期に肥料や害虫の予防をどのようにすればいいの?」

このようなことを考えている人はいませんか。

肥料の種類やまき方について詳しく知りたい方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、梅雨の花の肥料について解説します。

□梅雨の時期の肥料や害虫の予防はどうすればいいの?

梅雨の時期の肥料のまき方や害虫の駆除について詳しく解説します。

*肥料をまき過ぎない

梅雨の時期は肥料をまき過ぎないほうがいいでしょう。

理由は、カビの発生する原因となるからです。

特にチッソ分は病虫害の原因にもなるので、カリ分を多めにするようにしましょう。

*害虫を予防する

害虫を予防するには、殺虫剤が効果的です。

殺虫剤は、10日に1回くらいまくことをおすすめします。

あまりまき過ぎると、植物にも悪影響になることがあるので注意しましょう。

*肥料によって使い方が違う

肥料の量や与える頻度は、その肥料によって異なります。

そのため、その肥料の特徴を理解して、植物に合った肥料を与える必要があります。

必ず使い方をしっかりと読んで、間違った与え方をしないようにしましょう。

*花や蕾にかけないようにする

植物は栄養分を根から吸収します。

そのため、花や蕾には肥料はかからないようにしましょう。

特に梅雨の時期は葉などに泥が付きやすいです。

液体の肥料を使う方は、事前に葉の泥を水で洗い流してから、根に肥料をやると、効果的に成長してくれるでしょう。

□肥料はどのような種類があるの?

肥料にはどのような種類があるのかについて詳しく解説します。

*有機物肥料

有機物肥料は動物性や植物性など、天然の原料をつかった原料です。

土中で分解するため、効果はゆっくりと出る特徴があります。

天然の物質から作られているので、においがきついものもあるというデメリットがあります。

*無機物肥料

化学的に作られた物質を使用している肥料です。

肥料によっては、効き目が長いものや強いものなどが存在します。

においがほとんどなく、使いやすという特徴があります。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、梅雨の花の肥料について解説しました。

梅雨の時期で成長が悪いからといって、肥料を多く与えると、根が腐ってしまうことがあります。

必ず肥料の量をまもって与えるようにしましょう。

花の肥料について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です