彦根で花屋を探している方のための冬越しをする方法について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、どのような花が冬に育てやすいのかわからない」

「冬に花を育てているけど、どのような花を購入するか、どのような育て方をしたら冬を越せるのかを知りたい!」

このようなことを考えている人はいませんか。

秋に育てていた花の冬越しのポイントや注意点などを知りたい方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための冬越しのポイントについて解説します。

□冬に外で花を枯れ刺さないためのポイントは?

冬に外で花を枯らさせないために注意しておきたいポイントについて詳しく解説していきます。

*あまり水をやらないようにする

土が乾燥したからといって、毎日頻繁に水をやると花に良くないです。

特に寒い地域の方であれば、葉や根が凍ってしまい、水や栄養が吸収できないことがあります。

そのため、冬の時期は水をやる間隔をあけて、なるべく数日に一度にするようにしましょう。

しかし、数日に一度水をやる際には、プランターから水が漏れるくらいの多くの水をやるとよいでしょう。

*十分に日を当てる

冬は夕方から夜にかけて温度が下がり、水が凍ることがあります。

1日中凍った状態が続くと植物が枯れてしまいます。

そのため、できるだけ毎日、日を当てるようにして氷を溶かすようにしましょう。

□冬に屋内で育てる際のポイントは?

冬に外で花を育てる際のポイントについて詳しく解説していきます。

*新しい株を作っておく

寒さに弱いものは、秋から冬にかけてさし芽をすることをおすすめします。

さし芽とは、植物の株を一部切手、新しい芽を増やすことをいいます。

種から植えるのは大変だと考えている人やすぐに芽から育てたい方にも簡単にできるのでやってみてください。

*室内でも気温の管理をする

「室内であれば、どこに鉢を置いても大丈夫なのでは?」と考えている方もいるでしょう。

室内でも、玄関や窓際では温度が下がりすぎることがあります。

寒さに弱い植物だと、枯れてしまうことがあるので、必ず、植物の特性を調べた上で、鉢の置く場所を決定するようにしましょう。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための冬越しのポイントについて解説しました。

寒さに弱い植物を育てる場合は、室内で育てるようにし、室内の場所の温度も意識するようにしましょう。

冬の花について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です