彦根で花屋を探している方のための、パンジーの育て方について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、冬にパンジーを育てたい!」

「パンジーの育て方のポイントや植え付け、増やし方などが知りたい!」

このようなことを考えている人はいませんか。

冬にベランダの花があまりなくて、寂しいと感じている方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、パンジーの育て方について解説します。

□パンジーの育て方のポイントは?

パンジーの育て方のポイントについて詳しく解説していきます。

*水やりはいつすればいいの?

パンジーの水やりは、冬であれば、昼間にするようにしましょう。

理由は、夜は温度が下がることが影響で土が凍ってしまうことがあるからです。

土が凍ってしまうと、パンジーの根から水分が吸収できなくなり、枯れてしまう原因になります。

そのため、冬の水やりは昼間にやるか、夜に水をやる場合は屋内に鉢を入れておくようにしましょう。

*肥料のやり方は?

パンジーの肥料をあげるタイミングは、植え付け、開花期です。

植え付けのときは、土に肥料を混ぜておくとよいでしょう。

開花時期は多くの花が咲くので、栄養の不足に陥りやすいです。

そのため、なるべく肥料を与え続けるようにして、花を元気に保つようにしましょう。

*どのような土がいいの?

パンジーには花屋やホームセンターなどで手に入る培養土がおすすめです。

培養土以外の土を使う場合は、なるべく水はけのよいものを使うとよいでしょう。

また、たい肥はできるだけ植え付ける1週間前におこない、事前に発酵させておくようにしましょう。

*害虫や病気の対策は?

パンジーは灰色カビ病やモザイク病といった病気にかかりやすい植物です。

灰色カビ病は、日陰や湿度が高いところに長期間置いているとかかりやすくなるので、風通しがよく、日に当てるようにしましょう。

モザイク病に関しては、アブラムシが原因でなる病気なので、薬を使って駆除するとよいです。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、パンジーの育て方について解説しました。

パンジーは冬でも比較的育てやすい花の一つです。

ガーデニング初心者の方でも育てやすい花なので、気軽に育ててみるとよいでしょう。

パンジーの育て方について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です