彦根で花屋を探している方のための、お盆のマナーや初盆について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、お盆のマナーがわからない」

「今年初盆を迎えるけど、どのような決まりがあるのかを知りたい」

このようなことを考えている人はいませんか。

お盆の前にマナーや風習などを学んでおきたい方もいるでしょう、

今回は、彦根で花屋を探している方のための、お盆や初盆でのマナーについて解説します。

□初盆のマナーについて

初盆のマナーについて詳しく解説します。

*初盆とは

初盆は故人がなくなってから、初めてのお盆のことを言います。

初盆と言うことや、新盆と言うこともあります。

初盆は普通のお盆と比べて、盛大に行われることが多いです。

故人が亡くなられて初めてのお盆ということで、故人の供養を行い、その方の冥福をしっかりと祈るという考え方です。

*喪服は必要なの?

お盆は夏の時期にあり、かなり暑いので喪服を着る必要はありません。

しかし、友人や親せきを呼ぶ場合、その方より軽装にしないようにしましょう。

□初盆にはどのような花の選び方が必要なの?

初盆の花にはどのようなものを選べばいいのかについて詳しく解説します。

*明るい色のものを選ぶ

初盆においてのお供えの花は、明るい花が一般的です。

明るい花とは、淡い色のことです。

例えば、紫やブルーといった明るく淡い色を選ぶことをおすすめします、

赤や派手なピンクは目立ちすぎるので避けるようにしましょう。

*毒やとげのある花は避ける

初盆だけでなく、法要やお供えには使っていけないのが、毒やとげがある花です。

使っていけない理由は、主に手入れをする方への配慮です。

毒やとげを持っている花の場合、お仏壇などを手入れする人が、怪我をする可能性があるので注意するようにしましょう。

また、枯れて落ちてしまう花は、縁起が悪いので、なるべく入れないようにしましょう。

*故人の好みに合わせる

初盆では、普通のお盆に比べて、様々な花を入れられるので、故人が好きだった花を入れることをおすすめします。

また、故人の家族や親せきも、その方のことを思い出すことができるので、好みに合わせるとよいでしょう。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、お盆や初盆でのマナーについて解説しました。

お盆や初盆のマナーを知った上で、最低限のマナーは守るようにしましょう。初盆は明るい色の花をお供えできるので、故人の好きだった花を選ぶとよいでしょう。

彦根でお盆の花について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です