彦根で花屋をお探しの方へ、お盆によく使われる花について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、お盆の花にはどのような種類があるのかわからない」

「お盆によく使われる花について詳しく解説してほしい」

このようなことを考えている人はいませんか。

どのような花をお盆に使ってよいのか、気になっている方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、お盆のお供えによく使われる花について解説します。

□お盆に使う花はどのようなものがいいの?

お盆にどのような花を使えばいいのかについて詳しく解説します。

*どのような色のものがおすすめなの?

お盆のお供えの花の色は白がおすすめです。

白だけでなく、黄色や青色といってさわやかな色も入れておくとよいでしょう。

また、故人が好きだった色のものや、好みの花をお供えする方もいるようです。

*派手な色は避けたほうがいいの?

初盆であれば、白を中心とした花をお供えすることが一般的ですが、それ以外であれば、特に決まりはありません、

初盆以外なら、白のほかにも色味のある色を混ぜたほうがいいとされています。

どのような色がいいのかバランスがわからない場合は、花屋の方に相談してみるとよいでしょう。

□お盆のお供えにはどのような種類の花がいいの?

お盆のお供えにはどのような花の種類がいいのかについて詳しく解説します。

*ほおずき

ほおずきは6月に白い花を咲かせるという特徴があります。

花が枯れると丸い実がつき、ガクという花を支えているものが袋のようになります。

その形から、漢字では鬼灯と書きます。

昔の言い伝えで、ほおずきの袋の中に、先祖の霊が宿って過ごすというように言われています。

*はす

はすの原産地はインドで、蓮華とも言います。

仏教において最も重要な花とされていて、お供えによく使われる花の一つです。

花は7月~8月に咲きますが、蕾から育てて咲かすのは難しいとされています。

地域によっては、はすの葉っぱに、きゅうりなどの野菜をのせる地域もあります。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、お盆のお供えによく使われる花について解説しました。

お盆に最低限の決まりはありますが、ある程度好みに合った色や花を選ぶことをおすすめします。

色合いやバランスがわからない方は、花屋の方にアレンジしてもらうとよいでしょう。

お盆にお供えする花について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です