彦根で花屋を探している方のための、サボテンの育て方のポイントについて解説!

「彦根で花屋を探しているけど、サボテンの育て方がわからない」

「どのようにサボテンを育てれば、元気に育つのか知りたい」

このようなことを考えている人はいませんか。

サボテンに水が必要なのか、また、どのような肥料が必要なのか知っておきたい方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、サボテンの育て方のポイントについて解説します。

□サボテンを育てるポイントは?

サボテンを育てるポイントについて詳しく解説します。

*肥料は必要なの?

サボテンは肥料がなくても育つ場合が多いです。

もし、より大きくしたい方は肥料をあげるとよいでしょう。

サボテンを植え替えるときに入れる元肥や、液体を薄めて使うような追肥を使っても良いでしょう。

肥料はたくさん与えれば育つというわけでないので、あげすぎには注意しましょう。

*植え替えはいつすればいいの?

サボテンを長期間放置しておくと、鉢に根が固まってしまうので、水はけが悪くなることがあります。

そのため、定期的に植え替えをする必要があります。

目安としては、最低でも年に1回はするようにしましょう。

時期としては、春と秋に行うことをおすすめします。

理由は極端に寒い時期や暑い時期は、サボテンが弱ってしまう可能性があるからです。

□サボテンの水のあげ方は?

サボテンの水のあげ方について詳しく解説します。

*生育期

サボテンの生育期間は、4~6月、9~10月です。

サボテンに水は必要ないと考えている方がいるかもしれませんが、生育期は十分な水が必要です。

水をあげる頻度は、土が乾いてきたら、鉢の底から水が出るくらいでしょう。

*生育が緩やかな月

サボテンは、7、8月は生育が緩やかになります。

この時期は土が乾いてきてから、3日後くらいに水をあげるとよいでしょう。

また、3、11月は成長が止まるので、2週間に1回くらいで大丈夫でしょう。

*寒い時期

寒い時期は3~4週間に1回くらいでいいでしょう。

また、水をあげたら凍結する地域に関しては、水をやらないようにしましょう。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、サボテンの育て方のポイントについて解説しました。

サボテンは水がいらないと勘違いされがちですが、季節によっては水も必要なので注意が必要です。また、大きく育てたい方は、肥料をあげることや、植え替えなども定期的に行うようにしましょう。

サボテンの育て方について詳しく知りたい方は、当店にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です