彦根で花屋を探している方のための切り花を管理する方法について解説!

「彦根で花屋を探しているが、切り花の管理方法がわからない」

「もらった切り花をなるべく枯らさずに長持ちさせたい!」

このようなことを考えている人はいませんか。

切り花を簡単な手入れでなるべく長持ちさせたい方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、切り花を管理する方法について解説します。

□切り花を長持ちさせる管理の方法は?

切り花を長持ちさせるための管理の方法について詳しく解説します。

*茎を切るようにする

切り花を長持ちさせるためには、茎の切り口を切る必要があります。

理由は、切り花は茎の切り口から水を吸い取るからです。

もし、切り口が汚い場合は十分な水が吸収できないため、花が枯れてしまいます。

そのため、必ず茎を適切に切るようにしましょう。

また、茎を切る際には、乾燥を防ぐために水中で切るとよいでしょう。

*よく切れるはさみを使うようにする

手入れをするのによく使うのがはさみです。

はさみは園芸用のよく切れるものを使うようにしましょう。

理由は、茎を切る際に導管を傷つけてしまう可能性があるからです。

導管は植物が水を吸収する際の管なので、傷つけないためにも、よく切れるはさみを使うようにしましょう。

*毎日水を換えるようにする

切り花を長持ちさせるために最も大切といっても過言でないのが水の管理です。

切り花の水は数日たっても、汚れているように見えないかもしれないかもしれませんが、水の中に細菌が繁殖します。

そのため、水が汚れていなくても水を毎日交換するようにしましょう。

*延命剤を使う

少しでも切り花を長持ちさせたい方は、延命剤を使うとよいでしょう。

延命剤には殺菌作用のある成分や花の養分になる成分が含まれています。

そのため、手軽に長持ちをさせることができます。

しかし、延命剤を与えすぎると腐ってしまうこともあるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、切り花を管理する方法について解説しました。

切り花を長持ちさせるためには、茎を切ることや水を換えるといった、定期的な手入れが必要です。

少し面倒かもしれませんが、毎日水を換えて手入れを怠らないようにしましょう。

切り花について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です