彦根で花屋を探している方のための、開店祝いでもらった花の育て方について解説!

「彦根で花屋を探しているけど、開店祝いでもらった花をどのように育てればいいのかわからない」

「開店祝いでもらった、コチョウランやオンシジュームの育て方について知りたい」

このようなことを考えている人はいませんか。

コチョウランやオンシジュールの管理方法や剪定方法について知りたい方もいるでしょう。

今回は、彦根で花屋を探している方のための、開店祝いの花の育て方について解説します。

□コチョウランの育て方はどうすればいいの?

コチョウランの育て方について詳しく解説します。

*コチョウランの管理方法について

コチョウランは熱帯地方に生息しています。

そのため、熱帯地方の気候を意識して育てることをおすすめします。

具体的には、温度は日中25度で夜間は18度がいいでしょう。

特に寒い地域や過度な空調は、花が枯れることがあるので注意が必要です。

*コチョウランの水のあげ方は?

コチョウランは、土の表面が完全に乾いてから水をあげるようにしましょう。

水は1株ごとにあげるようにして、約1週間にコップ一杯を目安にしましょう。

*コチョウランの剪定方法は?

コチョウランの剪定は、茎を5節程度残して、斜めに切るようにしましょう。

切り落とした花は切り花として楽しむことができます。

また、温度をしっかりと保っていれば約1か月から2か月で花が咲きます。

□オンシジュームの育て方はどうすればいいの?

オンシジュームの育て方について詳しく解説します。

* オンシジュームの管理方法について

オンシジュームは、南アメリカ原産の花です。

そのため、なるべく日の当たる場所に置くようにしましょう。

また、特に梅雨の時期は、根が腐ることもあるので、風通しのよいところに置くことが大切です。

*オンシジュームの水のあげ方は?

水のやり方としては、どのような季節でもたくさんの水をやるとよいでしょう。

土が完璧に乾いてからではなく、毎日水をあげることを意識しましょう。

*オンシジュームの剪定方法は?

鉢をたくさん並べておくとカイガラムシやアブラムシがつくことがあります。

そのため、株の間をあけることや、花が落ちてきたら、花茎を切ることで、茎が傷みにくくなります。

□まとめ

今回は、彦根で花屋を探している方のための、開店祝いの花の育て方について解説しました。

開店祝いでもらったコチョウランやオンシジュームを枯らさないように、正しい育て方をしましょう。

コチョウランやオンシジュームの育て方について詳しく知りたい方は、当店までお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です